2016年11月09日

川エビ

今日は木枯らし1号だったらしい。

そんな寒い中、散歩がてら川に出かけてきました。

狙いは川エビ

杉の枝を束ねて川に沈めてあります。
その杉枝を家と間違えて川エビや小魚が入ってきます。

それを引き上げるとエビや小魚も上がってくる。
(当然、網や囲いが無いので逃げてしまうものも多数)

今日は大量の川エビをゲット
 大量に上がってくると拾っている間にどんどん逃げていく
家に帰って数えてみたらエビ79匹、小魚数匹

161029川エビ1.JPG 161029川エビ2.JPG
 写真は以前のものです、今日は寒かったので写真なし


その他、こんなものも捕れます。
161029カジカ3.JPG かじか

161029ぎぎ2.JPG ぎぎ

写真は撮っていませんが小鮒、モロコなどのザッコ

杉の枝は1つしか用意してないので順調なようであれば
追加もありかな

posted by OG3 at 19:41| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

建築が完了し帰宅

3月3日にアパートを引き払ってコラートに戻ってきました。

その前にも荷物運びで往復しています。

8か月もアパート暮らしをしていると荷物も増えて
愛車のCITYでは1回では無理
かと言って、片道300km以上ある山道で日帰り往復も無理

合計3日かかってしまいました。
(1回目運びで1日、戻りで1日、2回目運びで1日)


3日の朝はレムチャバン漁港に寄って買い物とオジサンに挨拶
居ましたオジサン「今日は貝無いよ」・・・「コラートに帰るんだよ」

市場を歩いていると、見かけないエビを発見・・・しかも2尾だけ
ポーン曰く、「これ、高いけど、美味しいんだよ」
えぃッ! ”きよぶた”の思いで2尾購入
  でも、支払の時思った「値段、普通ジャン」

これが、そのエビ
sエビ0303-1.jpg

エビ料理1日目は「クンパオ、エビ焼き」
sエビ0304-2.jpg
至福のひと時( ̄〜 ̄) d(⌒o⌒)b 
ボリュームのあるエビなので2尾を1回では食べきれない

エビ料理2日目は「クンオッブ ウンセン、エビと春雨の蒸し焼き」
sエビ0305-3.jpg


シラチャに出かけるときはカニ(プーダム)で祝い
戻るときはエビを自分にご褒美

安い人生をおくってるなぁー (^^)/
posted by OG3 at 12:17| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

シラチャのアルバイト終了

今日は久々の休日です。
とは言っても、昨夜は2時過ぎまで
飯も食わず仕事をしていたので頭はまだボーッとしています。

考えてみたら2月に入って初めての休日
この歳で日曜日も無しで・・・つらかった

建築現場に常駐していましたが
建屋工事が昨日(今朝?)で終了し
明日、立ち合い確認後引き渡し
これからは、ズゥーッと休日になっちゃいました。

少し休憩して、また仕事探しになるかな

この辺は海が近くて好きだったんですけどね
また、コラートに戻ります。

と言うことで、久々の夕方桟橋釣りに行ってきました。

行ってビックリ!
今までにない干潮でした。

相棒は釣りより貝採りに忙しい。
船着き場の階段が下の方まで干上がり
紫に光った貝がビッシリ

s紫貝.jpg むらさき貝

釣りの方もいつもと違う
キスは釣れなくて変な魚ばっかし

sフグ達.jpg フグと?(針まで切れそうな歯でした)

でも、大物も活躍してくれました。
かかったのは良いのですが何時もの2号ハリス
グングン引っ張られて最後はプチン
チョッと遊べたかな

今度は、仕掛けのサイズをアップしようと思ったのですが
あと数日でシラチャとサヨナラなんですね
posted by OG3 at 23:04| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

ユウダチスダレダイ-2

今日もお休みということで
夕方、4時ころアオウドンへ魚釣りに

またまた、釣りました。
ユウダチスダレダイ
sアオウドン2010126.jpg sユウダチ2010126.jpg

今日のはチョッと小振りで31cm
でも、ウレシイ

動きが早い魚です。
沖に向かったかと思ったら
いきなり写真横の桟橋に向かって走り出した。

仕掛けが細いので切られるのが怖い。
でも、桟橋の下に逃げられたら終わりだし。

実は先々週も大きな獲物が掛った。
(先週は仕事で休みなし)
でも、引きが強く桟橋の下に入られ
桟橋の柱に絡まり、仕掛けごとなくなった。

今回はなんとか顔を見たが抜き上げるのが心配
どうしようもないので思い切ってエィ!

なんとか、釣り上げることができました。
柔らかい竿を使っていたのが良かったのか?

前回は船乗りが海面まで下りて捕まえてくれました。
やっぱり、玉網が欲しい!

ちなみに、仕掛けはキス狙い+中物期待で
釣り針:マルセイゴ10号
ハリス:2号
道糸 :3号





posted by OG3 at 22:59| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

桟橋釣りのお魚さん

シラチャ近郊の桟橋で魚釣りを楽しんでいます。
今回は、釣れた魚たちを紹介します。

とは言っても利根川で育った私に海の魚は???
(アパートに帰ってネットで調べています)

「ユウダチスダレダイ」・・・やっぱり最初はこれでしょう
s01ユウダチスダレダイ3.jpg
前回の記事参照

「アカエイ」
s02アカエイ1.jpg s03アカエイ2.jpg
キス釣り(太目の仕掛け)で上がってきた。・・・小型だから
最初、グンッグゥーン・・・その後、動かない、根掛り?みたいな
その日、更に強い同じ感触、でも仕掛け丸ごとサヨウナラ
釣れたエイは七輪で焼いて頂きました。

「キス」と「ヒイラギ」・・・チョイ投げで、これが一番多い
s04キス.jpg s05ヒイラギ2.jpg
ヒイラギは内輪でギギと呼んでいる。ギギギギと泣くから

「キスとヒイラギ」は刺身が甘く美味しい。
s06サシミ1.jpg s07ワサビ醤油.jpg
J パークで買ったワサビとしょう油で

生で和え物(タイのヤム?)も美味しい
s08ヤム.jpg

「アジ」と「グルクマ」・・・タイでよく見かけるプラトゥー
s09アジ.jpg s10グルクマ.jpg

「サヨリ」と「シマイサキ」・・・内輪でグー・・・そう泣くから
s11サヨリ.jpg s12シマイサキ.jpg

「アイゴ」と「ダツ」
s13アイゴ1.jpg s14ダツ.jpg
アイゴはギャング針で釣ると飽きるほど釣れる
よって、すぐ飽きちゃう。

調べても分からない魚たちを代表して 
sウマ??.jpg
背びれ、腹びれは堅い骨だった。
知ってる方は教えてください。

追記: 2015/11/18
先日、鉄腕ダッシュを見ていたらこの魚がいた。
なんか見覚えあったので自分のブログを見直したら
同じ魚だった。ギマという魚らしい。

posted by OG3 at 00:27| Comment(3) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

桟橋釣り-アオ ウドン

最近、休日の夕方は桟橋で陸っぱりを楽しんでいます。

☆「アオ ウドン」の桟橋・・・1番良く行く桟橋です。
  沖に向かって約600mの桟橋
  整備され車で先端まで行ける、先端は10台位の駐車可。
先端まで行かなくても途中の桟橋でも釣り人はいる。

場所は、シラチャとレムチャバン貿易港の間
国道3号線(スクンビット)や7号線(高速)を走っていると
「Ao Udom」の標識がある。そこを曲がると海まで一直線
(3号線の場合は陸橋を登らないで下を行く)

先端の釣り場(本当は船着き場)
sa1-30915ウドン.jpg a1-31117ウドン.JPG

a2-31117ウドン.JPG a3-31117ウドン.JPG
漁船や軍艦みたいな船が停泊している

写真左上の隣の桟橋は作業用
写真右下は「花より団子」ならぬ「釣りよりソムタム」

岸から先端を見た写真(左)と先端から岸を見た写真(右)
a6-30915ウドン.JPG a7-30915ウドン.JPG

夜の様子・・・屋台も2軒営業してお菓子などが買える
a4-31121ウドン.JPG a5-1121ウドン.JPG

主なお魚さんは、
  キス・アジ・サヨリ・グルクマ・ヒイラギ・アイゴなど
  アカエイを狙ってる人も多い。
  稀に、ユウダチスダレダイ(前回の記事)やダツ

昼間、延べ竿でサヨリを釣っているオバサンも数人います。

時々、釣り船が帰ってきますが大型クーラーや麻袋に一杯です。

他の釣り場や、釣れた魚たちは後でUPします。
(今は亡き祖父の口癖「”後で”と”お化け”は見たことない」)
posted by OG3 at 17:08| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

ユウダチスダレダイ

今日も近くの海で魚釣り

場所はシラチャの近く「アオ ウドン」の桟橋

正月早々、運が良い。
sユウダチスダレダイ1.jpg sユウダチスダレダイa.jpg

これはデカい!!
家に帰ってネットで調べたら
「ユウダチスダレダイ」・・・
タイという文字が入る・・・これは益々縁起が良い

帰る途中セブンで巻き尺を買おうとしたが無かったので
30cmの定規を2本買った。(1本では足りないのは確実)

体長35cm

さばきの様子(さばいている手は私じゃありません)
sユウダチ1.jpg sユウダチ2.jpg
卵もいっぱい入っていました。
身は白身、お腹のところは赤身

これは、冷蔵庫行き
sユウダチ3.jpg

刺身と頭半分を使った汁物・・・今日もヘルシー夕ご飯
sユウダチ5.jpg

刺身の味は赤身と白身で違っていた。
 白身は鯛と言っても分からない位・・・程よいコリコリ感
 赤身は白身より柔らかい・・・どっちも美味しい







posted by OG3 at 21:41| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

天狗貝(ハッキ貝)

タイでも年末の帰省ラッシュの時期だ。
ニュースの混雑画像だけでうんざり

車での遠出はできない、コラートまでの帰省もできない。
おかげで、この近場は車が少ないような気がする。

近くのレムチャバン漁港まで釣りに出かけた。

とりあえず、釣り場の様子を見ようと歩いていたら
例のおじさんが待ってたかのように声をかけてきた。

例によって、ここに座れ、これを食え、これを飲め

そして、こっちへ来てみろ、とっておいたんだぞ!
s2テングガイ1.jpg s3テングガイ2.jpg

以前、ブログでも紹介した貝だった。
ネットで調べたら天狗貝・・・ハッキ貝の仲間らしい
数日前に手に入れ、私が来るまで生かしておいたとのこと

「1個しかないから家へ持って行って食え」

たしかに、そこでは4人ほど飲んでいたので
アッと言う間に無くなってしまう。

「取り出せるか?」と言うので・・・出来ないと言ったら
ハンマーを持ってきて割ってしまった。
s4テングガイ5.jpg
アッ、ァーッ・・・それ・・・貝殻も欲しかったのに

中身だけを氷と一緒に袋に入れてくれた。
(貝殻は見る影も無くなってしまってるし)


驚きの新発見がもう一つ

酒のさかなは何時も豪華だ、エビ焼き、イカ焼き、etc.
でも、飛びっ切り美味しかったのがこれ
s1コウイカの卵1.jpg
分からないまま、バクバク・・・いやぁー、美味しい

後で分かったのは、コウイカの卵

と言うことで、そこの市場でコウイカ一匹と
コウイカの卵を買ってきた。・・・家で食べるように
(卵は別売り、というか取出し作業中を無理に分けてもらった)

さっそく、家で天狗貝を刺身にしていただく。
s5テングガイ7.jpg
やっぱり格別の美味しさ

昼間、さんざん食べたコウイカの卵も
s6コウイカの卵2.jpg

これが、ヘルシー夕食
s7夕飯.jpg
刺身やイカの卵はまだ冷蔵庫にしまってあります。


コウイカには卵が1個だけ有ったそうだ。
コウイカの姿は無くなってしまったが、これが背骨
s8コウイカの骨.jpg
「ここの骨がこうなっているのがメスで、おすはこうなって・・」

12月29日、いやぁー、今日は美味しい1日だった。
目的の釣りは・・・?   できませんでした。

posted by OG3 at 12:31| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

シラチャでいかだ釣り

先月末、いかだ釣りに行ってきました。
ジンダイカダという日本人が経営の所

海に浮かぶ”いかだ”から魚を釣ります。
20130727いかだ釣1a.jpg 20130727いかだ釣1b.jpg
いかだは2個あり遠く見えるのは隣のいかだです。
持参の昼飯を食っているのは娘

いかだはシラチャ沖のシーチャン島に有ります。

まずは、船でシーチャン島まで
シラチャの街から橋を渡ったローイ島に船着き場が有る。
20130727いかだ釣2.jpg
写真はローイ島までの橋、駐車場は船着き場に有ります。

船の料金は50バーツ/1人 所要時間 約40分
乗船券は乗り場の屋台みたいなところで売ってます。

シーチャン島に到着
20130727いかだ釣3.jpg
写真は後から来た船です。

船着き場からいかだの受付までバイタクかトゥクトゥク

ここで人や魚の餌や飲み物、氷などを買います。
釣り道具も売ってます。

島から いかだ まで小さな船で送迎

肝心の釣果の写真が有りません
アジなどの五目釣りで忙しかったので
20130727いかだ釣4.jpg
これは珍客だったのでパチリ

釣りを堪能して帰路に
20130727いかだ釣5.jpg
送迎の船と後ろのいかだ(手前のいかだで釣ってました)

送迎の船がシラチャ行きの船まで送ってくれ乗り換え。

遠くにシラチャの街並みが見えてきました。
20130727いかだ釣6.jpg
海側から見たシラチャです。

戻ったローイ島で記念写真
20130727いかだ釣7.jpg

ここには海鮮料理の店(屋台?)が並びます。
20130727いかだ釣8.jpg 20130727いかだ釣9.jpg
ナブトガニ、美味しくないけど日本では食べられない
コウイカ、甘くて美味しい

屋台?はこんな感じ
20130727いかだ釣z.jpg
写真は別の日のもので釣りとは関係ありません
posted by OG3 at 20:44| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

海上の建屋で魚釣り

海上に建てた釣り場で魚釣りをしてきました。
海上釣20130808-1海上建屋.jpg
1グループの予約制で昼頃から次の日の昼頃まで
(イカダとは違い足(柱)が地に着いています)

前回の記事の漁港から小舟で送り迎えが有ります。
海上釣20130808-2往復.jpg

建屋には仮眠できる小屋やトイレが付いています。
海上釣20130808-3仮眠.jpg

夜釣りが主体になるので発電機は勿論
ガスコンロ、炭火コンロ、炊飯器まで有ります。
海上釣20130808-4釣り場.jpg
遠くの明かりはレムチャバン貿易港

成果
海上釣20130808-5成果1.jpg
イカ、アジ、渡り蟹、その他
渡り蟹は泳い(早い)で浮いてきたところをタモですくったもの

忙しい中も時間はたっぷり有るので、おつまみも次々と
海上釣20130808-6イカ焼.jpg 海上釣20130808-7アジ焼.jpg
生きたイカや釣りたてのアジ焼き
(最初は釣り餌を焼いて食べていましたけど)

素人のイカ処理
海上釣20130808-8墨イカ.jpg
真っ黒な手は妻です。
ポーンが見てビックリ、違う違う・・・ここをこうして・・・
(ポーンは船主の娘です。魚介類のさばきは凄い)

帰りの準備
海上釣20130808-9帰り.jpg
昨夜、一番睡眠をとった妻が一番元気
(手には魚とは思えないものが)
posted by OG3 at 20:49| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

シラチャで潮干狩り

シラチャでと書いているが本当の地名は分からない。
貿易港の近くなのでレムチャバンの方が正解かも

場所は小さな岩が多いが砂地もある。
20130721潮干狩2.jpg 20130721潮干狩3.jpg

少しやってみて要領も分かってきた。
岩の周りを掘るか小さな岩をひっくり返しそこを探す。
20130721潮干狩4.jpg 20130721潮干狩5.jpg
アサリも捕れるが名前の知らない大きい貝が嬉しい。

ペットボトルに海の水をたっぷり持ち帰り砂抜き
(流石に海水、元気よく潮を吹きます)


翌日、いよいよ食卓に
20130721潮干狩6茹貝.jpg 20130721潮干狩7茹貝2.jpg

ついでに、こんなものも
20130721潮干狩8海鮮.jpg
カニさんは漁港で買ったものです。

因みに、アサリは翌日まわし(そんなに食べられないから)


潮干狩りは朝9時から1時間強で引き揚げ
家に帰って昼寝

夕方、釣竿を持ってまた行きました。

山からお猿さんがいっぱい来ていました。
(夕飯の時間らしい、漁港には食べ物が一杯あるから)
20130721潮干狩9猿1.jpg 20130721潮干狩9猿2.jpg

砂浜も有るけどゴミがいっぱいで入る気がしない
ジモティは遊んでいるけど犬の挙動に注意
20130721砂浜.jpg
朝、潮干狩りをしたのは岬の先端
(この砂浜は潮干狩りをする人が大勢居た)
posted by OG3 at 21:08| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

朝の港に行ってみた

先日、貝の刺身をご馳走になった港に行ってみた。
先日行ったのは午後だったので朝の様子が見たかった。

9時ころ行ったがまだ賑わっていた。
漁港1.jpg

みんな忙しくしている中、堤防の先端で釣りを始める。
餌は落ちているエビやイカ

すると、前日のオジサン登場
持ってきたのは大きめのコンビニ袋に一杯のエビとイカ

「こんなに使いきれないから要らないよ」と言ったら
今度は氷の塊をいっぱい持ってきた。
この人、適量と言う言葉を知らないらしい

港に上がっていたものの一部を紹介
漁港3貝.jpg 漁港4シタビラメ.jpg
貝や舌平目・・・魚は今更なので省略

海老はピックアップトラック一杯
漁港5エビ.jpg
これを大小、選別するんだね

辰のおとしご
漁港6タツノオトシゴ.jpg
漢方薬で高く売れるらしい

午後になると人気は少なくなるが
日曜日だったので他の釣り人もいた。
漁港2.jpg

オジサンの正体も判明
漁港の氷屋さんでした
(漁に出かける船は大量の氷を積んでいく)

因みに残った釣り餌は持ち帰って食べましたが
まだ残っています。


posted by OG3 at 22:40| Comment(1) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

シラチャで魚釣り場探し

海の近くに住むことになったので魚釣りがしたい。 
と言うことで今日は魚の釣れそうな場所を探しました。

この辺は遠浅が多く思った場所がなかなか無い。

近くに貿易港(レムチャバン)が有るけど勝手に入れないようだ。

有りました。やっぱり日頃のおこないが良かったのか?
1釣場探し.jpg 2釣場探し2.jpg
ちょっとした磯釣り気分が楽しめそうです。多分浅いけど

潮干狩りもできそうです。
3潮干狩り1.jpg 3潮干狩り2.jpg
熊手を探さなくちゃ・・・食材の確保
岩場にはビッシリと牡蠣?がくっ付いています。
(食べられんのかな?)

近くには自然の洞窟(トンネル)や自生のサボテンも
4洞くつ.jpg 4サボテン.jpg
この洞窟、風が吹き抜け寒いくらい涼しい


小さな漁港を歩いていたらオジサンに捕まった。
「わさびは好きか?、こっちへ来い」

強引に引き込まれ「これを食え、わさびを付けろ」
5ハッキガイ1刺身.jpg 5ハッキガイ2刺身.jpg
確かに美味い、しかもわさび醤油もグット

アワビと思って食べていたらどうも話が合わない
オジサンが貝の原形を持ってきた
5ハッキガイ3貝殻.jpg でかい!
これは海のお土産やさんでみかける巻貝だった。
(土産やで売っているのは飾り用の貝殻だけ)
帰ってから調べたら「ハッキガイ」と言うらしい。

そして「これを飲め」
6漁師1.jpg

酒の肴も豪華です。
6漁師2.jpg 6漁師3.jpg

6漁師4.jpg 6漁師5.jpg


posted by OG3 at 23:58| Comment(1) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

リールでおばちゃんとトラブル

昨日、近所の店でリールを買いました。
(;`ー´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄~ >°))))彡  
小型のリールが有ったので小型の魚釣り用に
リール0511.jpg  

家に帰ってライン(糸)を巻くと根元にばかり集まって
先端には巻けない。

多少の知恵は有ったのでスプールを外し、中のシム(座金)を抜く
でも、そんなレベルではない、不良品だ!

ラインを巻いたリールを店に持って行き
m:「これ不良品だから交換して」
店:「使ったものは交換できない」
m:「使ってないよ」
店:「ライン巻いてあるでしょ」
m:「巻かなきゃ分かんないでしょ」・・・巻けない理由を説明
店:「あんたの巻き方が悪い、私が確認済だ」
m:「分かった、あんたが巻いてまっすぐだったら持ち帰る」
   「きれいに巻けなかったら交換じゃなく返品だ」
店:「これと交換していいよ」

写真は交換した同型のリール
中央が膨らんでますが使えるからいいか
あわただしく巻き替えたのでテンションも掛っていないし

因みにこのスピニングリール かなりの安物です。
450バーツ、250バーツのもあったが奮発したのに
posted by OG3 at 17:59| Comment(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

川で魚獲り

私は自分の田んぼに面した川で、よく魚獲りを楽しんでいる。
と言っても義弟やアリダンのシェフがメインで私はお邪魔虫

タイでは家の前の歩道などは自分の物みたいに使っているが
川も田んぼに面した所は同じような扱いだ。

この川の川幅は狭い、約10m位。そして蛇行している。
今の時期、水量が少なく水深3m位で、背が立つのは岸から1m位。

今の時期は流れも殆んど無い
もう少しすると水量が増え深くなるが川幅は変わらない。
つまり、背の立つ所は無くなって、いきなりドン深

魚獲りの方法はというと
1、川に木(木の幹や枝)を大量に入れておく(魚の家をつくる)
2、深さ4mの網で川の上下2ヶ所(魚の家を挟んで)をふさぐ
3、木の幹や枝を川から取り出す
4、投網などで魚を獲る。

何といっても大変なのが木の取り出し
大きな木はロープで岸から引っ張り上げる
73sakanatori.JPG
川の水は始め写真のように濁っていない
作業をしていると、粘土分の多い土壌なのでおうど色になってくる

中小の木々は潜って持ち上げそのまま岸に
木は長い間水の中にあるのでかなり重くなっている。

立ち泳ぎが上手でないと出来ない。

陸で持っても重い投網を持って川を泳いで渡る。
しかも、タバコを吸いながら
(私が川を渡るときは手ぶらです、しかもタバコは止めてる)

一ヶ所での魚獲りは1日がかり
魚の家は数箇所作ってある
今回の場所は一番の豪邸(魚の家ですよ)
去年の実績は1日で5000Bの収穫だったらしい
(去年までは違う人の管轄、今は田んぼを買ったので私の管轄)


次回は、魚獲りに行って捕まえたオオトカゲのハナシ・・・かな?
posted by OG3 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

淡水フグ

73hugu.JPG

川に棲むフグなのでカワフグと呼んでみました。
詳しいことはわかりませんが
以前の記事のカワセミとは関係ありません。

日本の実家は利根川の近く
以前は船外機付きの船と魚網を数種類持っていました。

魚には詳しかったんですが川に棲むフグは見たことありません。


日本で海釣りをしていると外道として迷惑がられるフグ
そのまま放置され、乾いて動かなくなったのを蹴飛ばし海に戻ると
また、元気に泳いで逃げていきます。・・・タフです

タイの川に棲むフグも外道のフグと良く似ています。
 ・いっぱいいる
 ・捕まえると膨れる
 ・タフ
 ・噛みつかれる・・・結構痛いらしい
 ・食べると危険・・・死んじゃう
 ・愛嬌のある顔と姿・・・飼ってみようかな?

このフグ、タイの子供のおもちゃにもなります。
膨らんだフグの口にストローをさして更に大きくします。
フグにはかわいそうですが、結構面白そうです。
(写真のフグは自分で膨らんだだけです)

話は変わりますが
The Mall に淡水のエイが泳いでいます。・・・大きいですよ
人なつこく、手で水をパシャパシャすると寄ってきます。
上面鮫肌、下面ツルツル・・・子供と一緒によく触っていました。

意地悪な人もいて、いじめもあります。
床にゴリゴリ押し付けたり、つまんだり
最近はあまり寄ってこなくなってしまいました。

話は戻って
このフグ、日本のペットショップで売れるような気がするんですが
ダメですか?
商売になるんだったら送りますよ
(半分冗談、半分ひょっとして?)
posted by OG3 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

ドキドキ魚釣り

まもなくタイの正月、ソンクラーンだ
13〜15日がメイン、今週はお休みという会社も多い。

我が家も昨日まで人がいっぱい居たが今朝みんな帰った。
ドゥモーの仕事で妹が泊まっていた
手伝いで(何を?不明)親戚のおばさんが(どういう親戚か知らない)
いろんな子供数人

ついでに娘も付いて行ったので家には2人だけ
更に、妻は妹の代わりにドゥモーの仕事なので昼間は一人ぼっち

という訳で、ノンビリ魚釣りに

場所はドゥモーの裏あたり
ここは木陰が多く、涼しくて気持ちいい
狙いは1m前後ある大きなナマズの親戚

始まって間もなく、向こうから女性が歩いてくる。

ハイヒールに日傘、どうしても釣堀には似合わない。

ダンダン近づいてくる、チョット太めだがオッパイが凄く大きい。
しかも、オッパイがかなり露出している。
俺は巨乳より小さめが好きだが、顔もまあまあ見られる。

すると、となりのテーブルに座った。

次の瞬間、背中のあたりが寒くなった。
 (それほど魅力があったということではない)

その人に携帯電話がかかってきたからだ。

「ハロー」の一言にビックリ
声が低い、重低音だ。言葉遣いは女性だが

間違いない、オカマだ。
関わりたくない、目を合わせないようにしよう。

その女性(見た目)は、ビールと料理を頼んで
一人で、ズゥーッと飲んでいた。

何しに来たんだろう。
釣堀で、男釣りか?

*注*
この記事は昨日書きました。
用事が入った為、本日投稿しました。
posted by OG3 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

海老釣り

今日は、町の中と幹線道路をさまよった。
 適当な土地を物色したが、
 なかなか簡単には

と言う事で、夕方から海老釣りになってしまった。

釣堀なので、食事もできる
夕食も兼ね、ビールを飲みながら、のんびりと

獲物は、手長海老、
大き目のブラックタイガー位のサイズ、12尾ゲット
とても美味しい海老だ
61EBI.jpg

子供の水浴び用タライに入れたが
明日の夕飯時には、ゴシュウショウ様となりそうだ

塩焼き、トムヤムクン、クンオブ・・・

イヤァー、 楽しみだ


posted by OG3 at 00:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

タイ(コラート)で魚釣り

pla-sawai.JPG

コラートには釣堀がたくさん在ります。
どこでも食事ができて、木陰でのんびりするには最高

ナマズの親戚・・・プラーサワイ
普通のナマズ・・・プラーブック
手長エビ・・・・・クンメナーム これはスゴク美味しい

プラーサワイの釣り方
 日本の鯉釣り(吸い込み)と同じリール竿に吸い込み針
 但し針は一本にしないと自分で怪我をする。
 餌はパンを砕いたものに香料や鶏の血などを混ぜる。
 (私は気持ち悪いので鶏の血を使ったことがない)
 リールを緩めて置いとくと糸が走り出す。凄い引きだ。

写真はドゥモー(The Mall=大きなショッピングモール)の裏の釣堀
posted by OG3 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り・魚介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。