2015年12月08日

自家製キムチ作り

今年はキムチを4,5回作っています。
 現在、試行錯誤中につき作るたびに味が微妙に違う
 自分で作ろうと訪れた方は、参考にならないですよ

キムチ作りの一番の悩みは唐辛子の種類
 最近は辛味の少ない八房がメインで他をブレンド

キムチ作りの背景には家庭菜園があります。
a.JPG b.JPG
白菜、唐辛子、ニラ、人参等は自家調達
 (唐辛子は数種類を栽培し、辛いピッキーヌーもある)

手順を簡単に書くと
@白菜のつけ根から半分まで包丁を入れ、手で2つに裂く
  更に繰り返し、4つに分けることが多い

A葉の間毎に塩を軽く振り、重しを乗せ約1日ほど漬ける

B葉の間の塩を洗い流す
  (よく洗わないとしょっぱくなる)

Cしっかり水を切る。 根本を上にし数時間放置、
  水を切って少ししなびた状態に
1.JPG

キムチの素(キムチソック)をつくる
 (とにかく、有るものは入れてみる)

D大根、ニンジン、ニラを切って薄い塩水にさらす
2.JPG
  軽くさらしたら絞る

E材料を細かく砕く
  唐辛子、アミ、ニンニク、生姜、リンゴ、塩辛など

F上の材料DとEを混ぜる
4.JPG 5.JPG
  市販のキムチの素や味の素を少し入れる

G葉の間毎にキムチの素を摺込む
6.JPG 7.JPG

Hタッパなどに入れ冷蔵庫などで熟成させます。8.JPG 9.JPG
  (すぐ食べてもOKですが熟成させると更に美味しい)

春から作っているが今の時期の白菜と微妙に違う。
あげた人は「買ったより美味しい」と言うし自分でも美味しいが
味を安定させるのは難しく、今後の課題だ。


ちなみに
キムチと言えば韓国だが,それに欠かせない唐辛子
唐辛子の原産地は中・南アメリカだそうです。

コロンブスがヨーロッパに、その後、宣教師がアジアに。
更に日本から韓国に伝わったという説もある。
朝鮮出兵のとき、しもやけ防止などで持ち込んだらしい
・・・どっかに書いてあったような気がする。
posted by OG3 at 14:32| Comment(0) | 日記 諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。