2013年06月27日

タイのおかず-5 汁物-1

タイの汁物は トム何々、ゲン何々 と呼ばれることが多い。
しかし、汁物は多種多様でトムとゲンの区別は難しい。
料理名でトムとゲンを入れ替えても違和感が無いのも多い

トムヤムクン
T1トムヤムクン.jpg
(トム:煮る・汁物、ヤム:和える、クン:エビ)
あまりにも有名なので誰でも知ってる酢っぱ辛いスープ


トムヤムプー、トムヤムプラームック
T2トムヤムプー.jpg T3トムヤムプラームック.jpg
(プー:カニ、プラームック:イカ)
上のトムヤムクンと全く同じ、主役が入れ替わっただけ
(上のスープの色が違うがどれもエビを入れればトムヤムクン)

因みに上の3つのスープの辛さは同じにしてあります。
色と辛さは相関が有りません
(私はゴクゴク飲めて喉越しでピリッとくる辛さが好きです)


ゲンカリーヌアプラームック
T4ゲンカリーヌアプラームック.jpg
(ゲンカリー:カレー風汁物、ヌア:牛肉、プラームック:イカ)


トムパッカードーンプラー
T5トムパカドーンプラー-アジ.jpg T5トムパカドーンプラー-タプテム.jpg
パッカードーンとは菜っ葉の漬物のこと(高菜の親戚らしい)
(炒め物やお粥に入れると良い味だします)
右の魚はシマアジ、左の魚はプラータプテム


トムパッカードーンガドックムー
T5トムパカードーンガドックムー.jpg
上のスペアーリブ版


トムチューグイチャイ
T6トムチューグイチャイ.jpg
(トムチュー:薄味のスープ、グイチャイ:ニラ)
韮の薄味スープです。


トムチューホワチャイターオドーンガドックムー
T6トムホワチャイターオドーンガドックムー.jpg
(ホワチャイターオドーン:たくあん、ガドックムー:スペアリブ)
大根の漬物とスペアリブ入り薄味スープ


トムチューブオップムーサップ
T7トムチューブオップムーサップ.jpg
(ブオップ:へちま、ムーサップ:豚肉のミンチ)
豚つみれとへちまの薄味スープ


ゲンチューマラムーサップ
T8ゲンチューマラサイムーサップ.jpg
(ゲンチュー:薄味汁物、マラ:苦瓜、ムーサップ:豚ミンチ)
苦瓜をくり抜いて豚ミンチ、春雨、きくらげなどを詰めてある)


まだまだ写真があるので仕事が落ち着いたらUPします。
posted by OG3 at 20:49| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

新しい仕事2013とプーダム

新しい仕事場が決まりました。 
場所はシラチャ 

これを祝ってプーダムを買ってきました。
プーダム1.jpg
プーダムはマングローブに生息するカニさんです。
プーマー(渡り蟹)より大分高価・・・と言ってもタイ価格
(タイで一番美味しいカニと言われています)・・・人によりけり?

鋏は紐で縛ってあります・・・危険だからと言っていました。
因みにこのカニ、死んだら食べないそうです--腹をこわすらしい

どう料理するか悩んだあげく・・・カニ焼きに決定!!
プーダム2.jpg

早く美味しくなぁ-れ・・・でも、七輪に収まらない
1プーダム3.jpg プーダム4.jpg
汁も出てきてジュウ、ジュウ・・・音も美味しい
汁が落ちて炭火で焦げる・・・匂いも美味しい

やっと焼き上がり・・・音と匂いで時間が長く感じる
プーダム5.jpg

このカニの甲羅の硬さは半端じゃありません
プーダム6.jpg
まな板の上で包丁の裏で叩き割ります。
(プーヒン(石のカニ)とも言うらしい)

至福のひと時( ̄〜 ̄) d(⌒o⌒)b


ついでに、飯蛸のたこ焼きも
プーダムの甲羅とたこ焼き.jpg
隣にあるのは甲羅、カニみそも美味しかった。
これに日本酒を入れて飲むと最高ですが日本酒有りません。


最近、プーダムを使ったプーパットポンカレーが少なくなりました。
渡り蟹が巾を利かせています。
posted by OG3 at 22:47| Comment(0) | 飲・食・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

裏の果実「スターフルーツ」

裏の果実を収穫しました。
スターフルーツ1.jpg スターフルーツ2.jpg
スターフルーツ又は”ごれんし”と言う
タイ語でMafaung (มะเฟือง) と言うらしい

断面は星(☆)の形をしています。

食べ方はいろいろあるようですが
私は輪切り(☆切り)にしてそのままかじります。

味は薄く水分がたっぷりでシャキシャキ感が心地よい


「いっぱい食べれば痩せるよ」と言われたが半信半疑
調べたら「食物繊維を多く含む果物」と判明し納得。


右の写真、みにくいですが中央に花が咲いています。
ピンク色の小さい花で可愛くて綺麗です。
posted by OG3 at 12:30| Comment(0) | 飲・食・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

タイの市場-その3 その他

今回は魚介、肉類以外の市場を紹介します。 


豚さんの解体作業から  
1市場-豚解体.jpg 2市場-豚解体2.jpg
青年の笑顔、爽やかですね。 
(あまりドギツイ写真は止めました)


果物
3市場-果物1.jpg
果物はたくさんありすぎるので1枚だけ紹介


野菜
4市場-野菜.jpg
写真が無かったけどキノコ類も豊富です。



5市場-花.jpg 6市場-花2.jpg
左の写真のサボテン?のような花はバナナの葉で作ってます。
 ロイカトーン(精霊流し)などで見かける作り方です。
左の写真はお供えや縁起ものに使用

虫類
7市場-タガメ.jpg 8市場-虫.jpg
左が生きてるタガメ、右は生きてるコオロギ類
誰でもが食べる訳じゃ有りません。
食べる人もいると言った方が正解かも知れません。


(衣料品や玩具、道具もありますが省きます)
posted by OG3 at 21:31| Comment(0) | 飲・食・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

牛タン 1本焼き

先日、ポーンが牛焼きを買ってきた。
牛タン丸焼き.jpg
肉のかたまり2個

さっそく、ビールのつまみにカットし上のタレを付けていただく

左下のかたまり(切ったのはあまり残っていない)
コリコリ感があり美味しい・・・これって牛タン?
でも牛タンにしては小さい?

もう1個の方(上のかたまり)もいただく・・・柔らかくて美味しい

「何これ」
「子牛の丸焼きやってたから切り分けて買ってきた」

確かに牛タンの1本焼きであった。・・・小さいけど
焼き肉店修業時代にさばいていた牛タンはかなり大きかったけど


カウボーイフェステバルなどでも見かけますね
子牛や豚などの1頭丸焼き
(串というより鉄棒に刺してグルグル回しながら焼く)
肉は切り取って皿に盛ってくれます。・・・迫力満点
posted by OG3 at 22:10| Comment(0) | 飲・食・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

コラートのタクシー 2013

コラートにもタクシーが増えました。
タクシーボーコーソー.jpg
この写真は新しい方のバスターミナルです。

流しのタクシーは見かけません。

利用したい時はタクシー会社か運ちゃんに電話します。
(電話番号はいくつか聞いてあるけど・・・)

電話番号を調べる方法の1つは
ツーリストポリス(シマタニホテルの横)で聞くと親切に教えてくれます。
(ここでは観光案内やコラートの地図がもらえます。)


以前「コラートにはタクシーが無い」と書きましたが
2006年当時と今では時代が変わっています。


このタクシー  安いです。
バイタクやトゥクトゥクと同じくらいの料金か、もっと安いか
posted by OG3 at 15:54| Comment(0) | 仕事・移動・交通手段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

タイの市場-その2 肉類

コラートのタラートの肉売り場の様子です。
(ややこしいですがコラートは地名、タラートは市場のことです)


いきなり豚さんの顔から
1市場-豚顔1.jpg 2市場-豚顔2.jpg
この豚さん、いろんなところに顔を出します。
地鎮祭や精霊の祀りごと、もちろん食べられます。
以前、お店をやっていたころのリンクです


こちらがメインの豚肉
3市場-豚肉1.jpg 4市場-豚肉2.jpg
内臓を含め全ての部位が揃ってます。
右側の写真でぶら下がっているのがあばら骨
日本でスペアリブ、タイ語でガドックムー(シィクローンムー)
ぶら下がってところから好きな量を切り分けてもらいます。
(大好きな食材です。安い、美味しい)


見た目は異様ですが豚さんです。
5市場-豚足.jpg 6市場-豚しっぽ.jpg
左の写真は見ての通り豚足(とんそく)
 10代のころ飲屋のお姉さんに誘われご馳走になったのが始め
右の写真は豚のしっぽ
 食べたことが有りません。 たぶん
牛のテールなら何度も食べていますが


牛肉です。
7市場-牛肉1.jpg 8市場-牛肉2.jpg
焼き肉屋で修業したけど、どこの部位か分かりません。
右の写真の真ん中の肉を切り分けて買ってきました。
脂分は無いが肉は柔らかい
サーロインかなと思う(ロインにサーの称号が与えられたという説も)


勿論、鶏肉もアヒル肉も有ります。
9市場-鶏肉.jpg

ゲテモノは省略しました。

posted by OG3 at 21:42| Comment(0) | 飲・食・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

裏の果実「カトーン」

裏の果実を収穫しました。
カトーン(サントール).jpg 
タイ語でカトーン(英サントール)と言うらしい 
日本ではお目にかかったことが有りません。

割ってみると
カトーン(サントール)2.jpg
切った瞬間は白色ですが、アッと言う間に茶色くなってきます。

食感は ふにゃふにゃ してるけど強い??
味は すっぱい系だけど未知との遭遇??

家を建てたとき各自1本 ”自分の木”を植えました。
(それ以外は共通の木)

私はこのブログでも何度か登場したカヌン(ジャックフルーツ)

そして、妻が選んだのがこのカトーン
この木は大きな葉の広葉樹ですが
真っ赤に紅葉するので見応えがあります。
posted by OG3 at 21:38| Comment(0) | 飲・食・果実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

タイのおかず-3 蒸し料理

クンオップウンセン
M1クンオッブウンセン.jpg
エビと春雨の蒸し焼き
(クン:エビ、オップ:蒸し焼き、ウンセン:春雨)
エビよりも味の浸み込んだ春雨が美味しい


プラーオップウンセン
M2プラーオップウンセン.jpg M3プラーオップウンセン.jpg
魚と春雨の蒸し焼き
(プラー:魚、オップ:蒸し焼き、ウンセン:春雨)
最初は春雨しか見えていないが下には魚が隠れていた
(この魚は日本では高級なマナガツオ)


プーヌン
M4プーヌン.jpg
蒸し蟹
(プー:カニ、ヌン:蒸す)
ワタリガニを蒸しただけですが肉が甘い


これらも我が家の食事の写真です。
タイの一般と比べたら偏っているかも知れません。
posted by OG3 at 15:05| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。